熊本で薄毛治療をお考えなら【鹿児島三井中央クリニック】へ

 

熊本で薄毛治療をお考えの方はぜひご覧ください。

 

 

 

AGA(男性型脱毛症)は男性特有の脱毛症で、髪の悩みの多くがこのAGA(男性型脱毛症)とも言われています。AGA(男性型脱毛症)は一般的には思春期以降の男性(20~50代)が多く発症し、額の生え際や頭頂部から徐々に毛髪が薄く・細くなっていくのが特徴です。男性ホルモンの影響や遺伝的・環境的要因が考えられています。
出典:https://www.elm-clinic.jp/formen/aga.html

 

薄毛治療は、性別・年齢関係なく男女の悩みで、他人に打ち明けることの難しい問題です。当院の方針として、プライバシー保護の万全、担当医がカウンセリングからアフターケアまで担当し、サポートしています。当院は守秘義務を厳守しておりますので、第三者(ご家族含む)にご相談内容や治療内容等を開示することはございませんのでご安心ください。安心して通っていただける様心掛けておりますので、お気軽にご相談下さい。
出典:http://www.kumamoto-aga.com/

 

男性型脱毛症(AGA)には2005年に発売開始されたプロペシアがありますが、2016年6月にザガーロが発売開始になりました。髪の毛を攻撃する男性ホルモンのスイッチは2つあります。プロペシアは、1つを切ります。ザガーロは2つともブロックすることができるのです。ザガーロは1か月30カプセルで9800円です。私も毎朝飲んでいます。
出典:https://www.nogcli.jp/

 

 

 

 

駅前AGAクリニックグループは、老若男女問わず、AGA、FAGA、円形脱毛症、抜毛症などの疾患から髪のツヤ、コシの改善に至るまで、すべての髪の悩みに最新の技術、知識でお答えしたい。という想いで毛髪治療専門のクリニックとして開院いたしました。10年前までは薄毛は、医療の範疇ではなく、発毛サロンなどのエステ治療で行われていました。近年薬剤の開発、治療法の開発により医療の力で薄毛は完全に克服できるまでになってきました。
出典:https://e-aga.jp/intro

 

女性の場合は、部分的な脱毛や薄毛と言うより、髪自体が細くなったり、髪全体のボリュームが減少する等の症状が多く見られます。抜け毛や薄毛の主な要因としては、ストレスや、ホルモンバランスの変化、妊娠・出産など、女性特有の原因が考えられます。
出典:https://www.kunitake-clinic.jp/

 

進行性である男性型脱毛症(AGA)。内服としてフィナステリド(プロペシア)、デュタステリド(ザガーロ)、また塗布薬としてミノキシジル(リアップ)などがありますが、当院では高い発毛実績を誇る薄毛治療薬としてこれらの成分の合剤を採用しました。タブレットで身体の内側から、リキッドで頭皮に直接有効成分を届けることにより進行遅延だけでなく目に見える発毛を実感します。
出典:http://www.mashiki-clinic.com/news/348/#aga-men

 

 

 

 

いまや女性のうす毛も治療する時代。治療後はメンテナンスを時々。薄毛の男性のAGAと異なるのは、薄毛女性の毛包の方が数も多いし毛としても丈夫なので、治療効果が良いということです。治療範囲も小さめなので、ぜひ試してみては。
出典:https://www.nakamura-biyou.com/harg/

 

円形脱毛症、頭皮のトラブル、若年性脱毛症(若はげ)、女性の薄毛、以上のような症状に対しシャンプーの選び方、洗い方などのヘアケアの指導、フィナステリド・ザガーロの内服治療や相談に応じています。詳しくは診察時にご相談ください。
出典:http://amano-clinic.jp/archives/741

 

AGAとは男性型脱毛症の略で男性に多くみられる脱毛症のことです。思春期以降に額や頭の側面から少しずつ髪がうすくなり、髪の質も細く短くなっていきます。AGAは遺伝が関係するといわれ、ほおっておくと進行していきます。ですから、進行を抑えるためには早めのケアが大切です。5年後に後悔しないよう、気になる方はお早めに医師にご相談ください。
出典:http://www.wakaba-cl.jp/notcovered/#a05

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です